身近な鯉釣りロマン~鯉釣って鯉っ!~

近所の川で鯉を釣っています。このブログを見たら延べ竿でのウキ釣り、リール竿でのブッコミ釣りで鯉を釣りたくなるはず!さあ、各々方!竿を持ていっ!!

釣り云々かんぬん

私の鯉釣りは「釣れなきゃ駄目!」の邪心に満ち満ちています

寒いですなあ。
早朝の気温が毎日マイナスになってきました。霜も降りているときもあり、見た瞬間釣りに行く気分が萎えかけますなあ。

リール竿のブッコミ釣りですら辛いのに、冬ののべ竿での浮き釣りとなると、手足がかじかみ、寒さとの戦いになります。寒さと戦うのか、鯉と戦うのか…。鯉と戦う前に寒さに負けてしまいそうなときもあります。
ヘラ師たちはさすがさるもの。

防寒対策はバッチリですね。既存のヘラ台の上にあぐらをかき、毛布のようなものを腰から下に被せていますし、廃材を持ち寄って来ては焚き火をしています。

勝手にヘラ台を設置したり、物を燃やすのはいけないのですが、彼らにその理屈は通りません。
私はヘラ台がないので300円ベンチです。

 

釣りをして無心になどなれるわけがない!

ヘラ師と話をした時に気になったセリフ

「釣れなくったっていい。ウキを見ているだけでも楽しいのよ。どうせ毎日暇だし(退職された方)フォフォフォ」

とおっしゃっていました。

確かに、

「釣りをしていると無心になれる」

なんてセリフをよく聞きます。

自分はどうかと振り返ってみると、邪心と欲にまみれています。

週末2日もしくは1日。
それも与えられるのは早朝の1~2時間です。家族サービスもあるので、午前中いっぱい、半日も釣りをすることは不可能です。

「釣りに行くんだったら釣るしかない。釣らなきゃ!」

坊主だったら悔しですし、坊主よりも1匹、1匹よりも2匹、2匹よりも…。
欲望にはきりがありません。わざわざ寒い日に早起きして、

「坊主だったけどまあ良いや!」

って気分にはなりません。

私の釣り場ではめったにないことですが、対岸のヘラ師が釣果を上げているのに、私が坊主だったらかなり焦りますし、早く釣りたい!という欲望がムラムラと突き上げきます。

 

何とかして釣れないかと考えてばかり

1時間近くやって反応がなかったらすぐに移動。とにかく釣れる場所を探し求めます。パンがだめなのか、さつまいもの方が良いのか。ウキが長すぎるから警戒されているのか。ウキの色が悪いのか。餌が大きすぎるのか、ハリスが太すぎるのか。錘が重すぎるのか。

いろいろ考えてばかりで、とてもじゃありませんが無心になんてなりません。

違いなくストレスがかかっています^^;でも、心地よいストレスで、楽しいことこの上なし!期待感のあるストレスだからでしょうね。釣れた時は、ストレスの反動で嬉しくて仕方ありません。

「このままじゃあ坊主だ…」

納竿時間が迫っている時は、焦りまくりです。このまま帰じゃあ帰れないっ!て時に鯉が釣れた時はもう最高!坊主と1匹では全くその日のテンションが違います。

 

無心の境地はまだまだ見えない

早朝の極寒の中、短時間釣行をしていると「釣れなきゃ早起きした意味がない!」という気持ちで釣りしています。ウキをじっと見ているだけですが、心のなかでは葛藤と不安、ブログのネタを色々と考えてばかりです。特にブログを書き始めてからというもの、釣らなきゃ!という気持ちが強くなってきました。

釣れなくても「あ~楽しかった!」といえる境地にたどり着くのは、子供が独立して、私が退職して、「家でブラブラしていないでどっかいけ!」と嫁さんに叩き出されるような状況になってからでしょうね。
それまでは今まで同様ガツガツ釣っていきます!

advertisement


PR

-釣り云々かんぬん