身近な鯉釣りロマン~鯉釣って鯉っ!~

近所の川で鯉を釣っています。このブログを見たら延べ竿でのウキ釣り、リール竿でのブッコミ釣りで鯉を釣りたくなるはず!さあ、各々方!竿を持ていっ!!

アメナマ釣り

細じかけでアメナマと善戦できたこと

激浅箇所ばかりですので、鯉の釣果がまったくなかったポイントながらも水深はとりあえず1m近くある場所にて釣り。

鯉はいないだろうけど…ダメ元でしぶき530と360に太仕掛けでやってみました。反応はあるけれども大型の鯉や鮒ではありませんでした。1号のおもりを動かせるパワーの持ち主であれば10~20cmの鮒の可能性も高い。

仕掛けをチェンジ。

翠祥360
道糸2号
ハリス2号
袖鈎3号
板オモリ
まるうき

餌:パン

ダイソーの袖鈎3号の0.6号ハリスを取って2号をつけました。

すぐにあたり。

浮きがフラフラと上流へと流れていくので合わせ。

グンン。

早速小鮒がかかったかなと思い余裕であげようと思ったら…

重い!

沖へ走られるっ!このままでラインブレイクの可能性がっ!

はっ!!!?そーいえばっ!

そこで、そのようなとき竿先を水面に近づけ、できるだけラインを水の中に沈めるようにすると、水がショックアブソーバーの役目をしてくれ、ラインだけで引き合うのではなくなるため、バラシが減るように思っています。

つまり、垂直に竿を立てるのを「上段の剣」とすると、水平に構えるのが「中段の剣」、さらに竿先を足の下の方まで下げるのは「下段の剣」となりますが、私も、この中段と下段の剣を意識して織り交ぜて使っていますよ。魚とのファイトに幅が出てくるように思います。

民明書房大全-川太郎口伝より-

サンキュー川太郎さんっ!

上段で構えていましたがのされそうになったので、一気に下段!竿先を水の中に突っ込む!

凌いだっ!

すげえっ!

余裕が出てきたので上段で引寄せる。寄せたと思ったらまたしても沖へと走っていく。重くて力強いけれども…すごく遅いんですよ走りが^^;十中八九アメナマさんでしょうな。

で、すぐに下段!竿先がビンビン衝撃が伝わってくるけれども、怖くなんかないぜっ!

また凌いだっ!

川太郎さんありがとうっ!と口ずさみながら釣り。こんなやり取りを5,6回やりましたよ。多分…2分近く立っていたと思います。

でも、全然上がってきません。

しぶとい…スタミナだけはいっちょ前にあるんですよね。アメナマ。
沖へ走られたので、下段無双に変えたのですがタイミングが合いませんでした。切られたか…と思ったら鈎はついていました。

ぐんにゃり曲げられていたのでこれは仕方ありません。ハリスにはアメナマの粘液がねっとり^^;

にしても…川太郎さんに教えてもらった釣法でここまで展開が変わってくるとは…バラシ率もかなり減りそうです。

雑魚釣りブログに書こうと思っていましたが、アメナマともファイトが熱すぎたのでこちらに書いちゃいました。小鮒記事は雑魚釣りブログに書きますw

advertisement


PR

-アメナマ釣り